贈与税額控除って何?

贈与税のこと知っていますか?これにも控除があるのです。 - 贈与税額控除について

アーカイブ

http://hoken-connect.jp/column/souzoku-soudan/14/

更新情報

贈与税額控除について

被相続人から財産などを引き受けた場合、相続人は相続税を支払う義務が生じます。
その金額全てを支払えないまたはそれぞれの項目に該当する場合は控除を受けることが出来るのです。
このことによって、負担を軽くしたりまたは申告期限を延ばしたりすることが可能となるのです。
その控除制度の1つに「贈与税額控除」というものがあります。
これについて触れて生きたいと思います。
贈与税額控除とは、相続人が相続開始の「3年いない」に被相続人から贈与された財産に関して相続税の対象となるのです。こちらにおいては皆さんもご存知のことと思います。
しかし、財産の贈与を行った際に贈与税を支払っている状況であれば、贈与税・相続税の2種類の税金を納めることとなってしまうでしょう。
このことで、相続人となった人の負担は大きくなってしまうのです。
ですから、それを軽減させる意味で「贈与税の金額分を相続税から差し引く」制度があるのです。
これこそが贈与税額控除なのです。
条件としては、贈与税額が基礎控除以下であるなどという贈与税を支払っていない場合に以外においては適応されるでしょう。
さて、贈与税額控除の算式ですが、控除できるものにおいては賞味の遺産額に加算された贈与財産価格に課税された税額となっています。
guyuyd
しかし、加算式や延滞税の金額はふくまれませんのでご注意してください。
このように、税金をダブルで納めなくてはならないという状況において控除制度というものが存在していますので利用すると良いでしょう。
相続を受けるとなったとき、場合によっては申告期限内に配偶者に対する相続税の分が決定しないという場合もあるでしょう。
期限は10ヶ月以内となっていますが、この間に決まらなかったという場合どうすればよいのでしょうか。
先のような状況の場合においての救済措置というものも用意されているのです。
救済処置についてですが、相続分が期日までに決まらなければ申告書と一緒に「申告期限後3年以内の分割見込み書」という書類を提出していただきます。
この書類ですが、遺産分割ができない事情そして予定などを書く書類となっています。
3年以内に分割が決定すれば、翌日から4ヶ月以内に税務署に更正の請求というものを行っていただきます。
このことによって、払い込みすぎた税金に対して返還してもらえるのです。
また、3年以内に分割が出来ないなどという事由があるばあい、それらを種類におこします。
この書類を「遺産が未分割であることについてやむをえない事由がある旨の承認請求書」といいます。
これは、3年経過した日の翌日から2ヶ月以内に税務署に提出をしてください。
このことによって、承認を受けることが出来れば更に期間を延長してもらえるのです。
それから、分割できない事由がなくなった日から4ヶ月以内に分割をし、更正の請求を行い、超過分の税金を返還してもらえるようになっているのです。何かお困りでしたら、相続税関連のことなら税理士法人チェスターにご相談ください。あなたの悩みを聞きます。
このような救済措置が用意されていますので、状況にあわせて取り入れていくと良いでしょう。

Copyright(C)2015贈与税額控除って何?All Rights Reserved.